脱毛クリームやワックスで脚の脱毛を行うのも一つの方法ですが、肌にはよくないので、あまりオススメできません。 脱毛クリームというのは、ムダ毛を強力な薬品で溶かす脱毛方法ですから、かぶれや痒みを伴うことがあります。 その場合は、すぐに使用を中止し、症状が改善しない場合は、皮膚科の専門医に相談してください。 脱毛クリームを使用する場合は、そういった肌トラブルを起こす可能性がないか判断するために、必ずパッチテストを行うようにしましょう。 また、何度も脱毛クリームを使用することで、毛が皮膚の中に埋もれてしまい、そのまま成長してしまう埋没毛を引き起こすことも少なくありません。 それに、ワックスで脱毛する場合には、ワックスによって固めた毛を一気に抜くので、その時に肌に大きなダメージを与えてしまいます。 その結果、かぶれや炎症、色素沈着といった肌トラブルを引き起こす可能性があるのです。 このように、脱毛クリームやワックスで脚を脱毛してしまうと、肌トラブルを引き起こす可能性があるので、できる限り避けた方がいいでしょう。